「ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN」大阪会場予選大会結果

「ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN」大阪会場予選大会結果

セレッソ大阪U-12
セレッソ大阪U-12

キャプテン:村上樹(むらかみいつき)
勝つつもりで大会に臨んだが、優勝できて超嬉しいです。
自分達は良いキッカーが多いのでセットプレーは武器になります。
先輩達の成績(昨年度)ベスト16を越えていきたい。
大阪市ジュネッスフットボールクラブ
大阪市ジュネッスフットボールクラブ

キャプテン:川口遼己(かわぐちるき)
優勝できて最高!
バルセロナのようなパスワークでJクラブや他県の強豪チームを倒したい。
全国でも優勝して世界大会に出場したい。
西宮サッカースクール
西宮サッカースクール

キャプテン:横畑進次朗(よこはたしんじろう)
決勝戦は緊張したけど、決勝大会も勝ち進んで世界大会まで行きたい。
大会の印象としては、ヨーグルトが本当に美味しかった。
大会のことは知っていたが、出場したのは初。
千里ひじりSC
千里ひじりSC

キャプテン:徳田浩一郎(とくだこういちろう)
予選の抽選、決定戦のPKと緊張して祈りすぎて疲れた。
全国大会に出場するのはチームとして初。
格上相手の対戦になると思うが、自分達の力を出し切りたい。
大阪大会結果
YF NARATESORO 0-1 セレッソ大阪U-12
試合開始からNARATESOROが球際の勝負で優位に立ちやや優勢な立ち上がり。それでもセレッソも集中を切らさず一進一退の時間帯が長く続く。
終盤にかけセレッソが左サイドを起点に徐々に圧力を強めてきた18分。13番がスルーパスに抜け出し虎の子の1点をもぎ取り先制。
そのまま危なげなく試合を終えたセレッソが勝利を飾った。
センアーノ神戸ジュニア 1-3 大阪市ジュネッスフットボールクラブ
序盤こそ実績に勝るセンアーノ神戸がリズムをつかみ10分に幸先よく先制するも、パスサッカーを身上とするジュネッスが次第に反撃ムードを高めていく。
13分の同点ゴールを皮切りに、18分19分と立て続けにジュネッス30番がゴールを決め一気にハットトリックを達成。最後まで主導権は渡さずにジュネッスが勝利。
AVANTI HIRAKATA 0-3 西宮サッカースクール
早い攻守の切り替えが特徴のAVANTIに対し、サイドチェンジを効果的に織り交ぜながら仕掛けていく西宮SSが早々に先制点を挙げる。
活発なサイドからの仕掛けでその後も要所で決定力を見せ加点し3点差に。AVANTIも縦に早い攻撃から後半は巻き返しを見せるもゴールは奪えずに試合終了。
西宮SSが下馬評通りに実力を見せつけた試合に。
千里ひじりSC 0(3-2)0 オオタフットボールクラブ
予選でヴィッセル神戸に競り勝ち勝ち進んだオオタフットボールクラブと予選結果でFCシエロと同率ながら抽選で勝ち残った千里ひじりSCの試合は、
両チームの特徴である高い守備力と互いの意地が拮抗し、スコアレスのままPK戦へ。
3人目のキッカーのシュートが枠を外れたオオタフットボールクラブに対し、千里ひじりSCはきっちりと3人全員が成功し歓喜の勝利を挙げた。
大阪大会結果

大阪会場予選出場チーム

チーム名 地域
深井フットボールクラブ 大阪
テゾーウロフットボールクラブ 愛知
大阪セントラルFC 大阪
FC ヴェルダン 愛知
AVANTI HIRAKATA FC 大阪
センアーノ神戸ジュニア 兵庫
京都長岡京 SS 京都
アイリスFC住吉 大阪
西宮サッカースクール 兵庫
大阪市ジュネッスフットボールクラブ 大阪
YF NARATESORO 奈良
なぎさFC 兵庫
FCシエロ 愛知
名古屋FC EAST 愛知
因島クラブジュニア 広島
JogaBonitoFootball 大阪
愛宕サッカー少年団 三重
千里ひじりSC 大阪
大阪東淀川FC 大阪
ヴィッセル神戸 U-12 兵庫
セレッソ大阪U-12 大阪
BANREYORE岡部サッカークラブ 静岡
オオタフットボールクラブ 岡山
RIP ACE SOCCER CLUB 大阪
FC恵那Avanzare 岐阜
FCグラシオン 大阪
奈良クラブジュニア 奈良
京都紫光サッカークラブ 京都
伊丹桜台サッカークラブ 兵庫
AS.ラランジャ豊川U12 愛知
びわサッカースポーツ少年団 滋賀
武生FC・ブルーキッズ 福井

※応募チーム多数の為、大阪会場、埼玉会場予選は参加チーム数を32チームと変更させて頂きました。