3月29日(日)、鹿島アントラーズや日本代表としても活躍された中田浩二さん(鹿島アントラーズFC/CRO クラブ・リレーションズ・オフィサー)が大会のスペシャルゲストとして来場してくださることが決定しました。

世界大会をめざす出場選手たちの熱いプレーを応援するとともに、表彰式のプレゼンターなどでも大会を盛り上げていただきます。

元FCバルセロナ下部組織マシアコーチのアレックスによるコーチクリニックを実施します。

あの久保健英選手も指導するなど、FCバルセロナの育成機関「ラ・マシア」(バルセロナ・カンテラ)で7年間指導し、多くのプロ選手の育成に携わってきた「アレックス・ゴメス・コメス」コーチが、大会に参加したチームの指導者に対して、本場の指導法を伝えるスペシャルクリニックを開催します。

<開催予定>

日時:3月29日(日)14時45分~15時頃

場所:ダノンネーションズカップ大会会場内チャレンジエリア

ハリルホジッチ日本代表に清武選手と酒井選手が選出!

 

ダノンネーションズカップを前後して開催される、3月27日チュニジア戦、31日ウズベキスタン戦の日本代表メンバーが発表され、清武弘嗣選手と酒井宏樹選手が選出されました。

両選手は、大会公式サイトなどで、出場する選手に向けて熱い応援メッセージを届けてくれていました。ハリルホジッチ新監督のもと、素晴らしいプレーを披露して、日本代表の勝利に貢献してください。

そして、同時期に開催されるダノンネーションズカップに出場する選手たちも、清武選手と酒井選手に負けないよう、素晴らしいプレーを披露してくれることを期待しています。

 

清武選手と酒井選手の応援メッセージは、大会公式サイト内「応援メッセージ」ページに掲載しています。

 

 

<ダノンネーションズカップ2015 in JAPAN試合形式の紹介>

今年は48チームが一同に集まっての2日間開催ということで、これまでの大会方式とは異なる試合進行となります。

世界大会に日本代表として出場するチームが決定する優勝争いとともに、2016年大会のシードチームを決める戦いもぜひ注目してください!

<グループリーグ>
6チーム×8グループによる総当たり戦
(1試合20分1本)

各グループ1位が決勝トーナメントに進出
<決勝トーナメント>
8チームによる勝ち抜け方式のトーナメント戦
(1試合20分1本・同点の場合はPK戦)

<決勝戦>
10分ハーフ・同点の場合はPK戦

<2016年大会シード>
①決勝トーナメント進出8チーム(グループリーグ1位チーム)
②グループリーグ2位チームのうち上位2チーム
(8チームによるトーナメント戦で上位2チームを決定)

 

ダノンネーションズカップ2015世界大会の開催地が、アフリカのモロッコ王国(首都ラバト)に決定しましたのでお知らせします。

昨年は、FIFAワールドカップが開催されたブラジルで開催され、ブラジル代表とクロアチア代表が戦った開幕戦でも使われたスタジアム「アレーナ・コリンチャンス」が世界大会決勝の舞台となりました。

今年の開催地であるモロッコは、昨年、「FIFAクラブワールドカップ2014」が開催され、レアル・マドリード(スペイン)がサン・ロレンソ(アルゼンチン)を2-0でくだして世界一となった舞台として記憶に新しいところです。

クラブワールドカップでは、ラバトの「スタッド・ムーレイ・アブドゥラ」とマラケシュの「スタッド・ド・マラケシュ」の2つのスタジアムで激戦が繰り広げられました。

ダノンネーションズカップ2015世界大会の決勝が開催されるスタジアムはまだ未発表ですが、クリスティアーノ・ロナウドらが躍動したピッチでプレーできれば素晴らしい経験となるでしょう。

このモロッコでの世界大会に出場する日本代表チームは、3月28日と29日に東京都・駒技オリンピック公園内で開催される「ダノンネーションズカップ2015 in JAPAN」で優勝したチームとなります。

世界に羽ばたく“若き日本代表”たちのプレーをぜひ会場で応援してください!